アイベリー

アイベリー


別名:愛ベリー
愛知県で育成されたため、
愛知の「愛」をとって、
愛ベリーと命名。

産地:愛知県など各地

入荷時期:12月上旬~3月下旬

交配:交配データ不明(企業秘密)
以前は麗紅と宝交の交配という話もあったが、最近の遺伝子による識別の研究で、
親ではないことが解った。
国産苺とアメリカ産苺の交配という話もある。
昭和58年に命名。

原産:愛三種苗   登録番号 第?号

特徴&前評判
高級大粒果の代表。
食味が良く、甘み・酸味・香りとバランスの良い品種。贈答用として人気がある。
交配の親株として多くの新品種を誕生させている。
評価されているが、株疲れにより小果になり味が落ちるデメリットがある。
空洞果(芯の部分に隙間がある)や先づまり果などの問題もある。
栽培に手間がかかるため、年々生産者が減ってきている。

:長ほう錐   :果皮 濃紅  

感想:箱から いちごの甘い香りが立ち込めます。
果皮はしっかりしているが、すこしひっかくと皮がめくれるので、薄いのだろう。
食べてみると非常に軟らかく歯がはいり、果汁があふれて口の中いっぱいになる。
(食感は果肉の軟らかい部分と繊維っぽい部分がよくわかる。)
香りは鼻で感じるのではなく、(微かな酸味のせい?)奥歯のあたりから口の中いっぱいに広がるように感じ、そして余韻として、いつまでも残る。
甘さは果汁とともに舌先から、のどの奥まで瞬時に広がる。
微かな酸味が味を引き締めていきます。(若干のエグミも感じる)
非常にジューシーないちごです。甘みもあり新品種の親として使われているのが納得できますね。

今回、奈良県の三輪で栽培されている農園を見つけました。
関西で「アイベリー」を栽培しているところは、非常に少なく、しかも朝採りいちごが買えるところは貴重です。
ここの農園は定植後に農薬は使わないようで、病気が発生したら栽培を中止するようです。
去年は早くに病気が出たため、販売期間が短かったそうなので、早めに買っておくほうが良いかも・・・。
「山辺の道」沿い、直売所あり、誰でも購入可能。しかし、収穫分が無くなるとクローズ。
8粒入りの超大粒でも、一箱2000円以内で購入できます。穴場です。

今回の試食データ: 12粒/箱 一粒のデータ(平均):高さ6.4cm 直径4.3cm 重さ46g
              534g/箱 大粒データ:高さ6.7cm 直径4.6cm 重さ50g
           購入場所 農園直売所

もどる