あかねっ娘

あかねっ娘

産地:奈良、徳島、その他
別名:愛知2号

入荷時期:12月上旬~5月下旬

交配:(アイベリー×宝交早生)×とよのか)×(アイベリー×宝交早生)
アイベリー×宝交早生の選抜系に「とよのか」を交配し選抜したものを母系にし、
別のアイベリー×宝交早生の選抜系を父系にして交配、選抜し平成3年に育成を完了
出願時の名称は「愛知2号」
原産:愛知県農業総合試験場園芸研究所   登録番号 第4001号
農林水産省「品種登録情報」より
特徴&前評判:
丸いイチゴ。大玉で丸みがあり、果肉が柔らかく、果皮には光沢がある。
酸みが少なく、甘い。香りがよく、ジューシー。色は淡い。
愛知県では評判が悪く(気候に合わなかったらしい)見向きもされなかった時期がある。
うどん粉病に強いので他県で人気がでる。一季成。
暖かくなると味が落ちてくる。果肉も柔らかくフカフカって感じ
(ももいちご)
品種は「あかねっ娘」だが徳島県が「ももいちご」で商標登録している。
漢字は「桃苺」ではなく「百壱五」で登録している。
徳島の佐那河内地区(さなごうち)だけで作られている特産品
6ヘクタール、36戸の農家で年間140トン作られ、大阪中央青果に限定出荷されている。
栽培方法として、1株に4~5個の実を順次つけるように摘花(てきか)し管理。
農家同士の勉強会や連携による品質管理。
農家が定植時期をずらしながら地域の出荷期間を確保。などの努力がみられる。
3月以降は品質が悪くなるため「ももいちご」では販売されない。(ブランドイメージに傷がつくため)
かわりに「愛いちご」という名前で近郊流通して消費される(値段も安くなる)

愛いちご…品質が悪くなるといっても、十分すぎるほどの甘さ
果肉は柔らかくなっているので日持ちはしないのかな?
ジューシーで香りもある。
安価なので買ってみても損はしないと思う。

形:球円錐   色:果皮 鮮赤色   果肉 黄白色

(上段:あかねっ娘  下段:ももいちご)

感想:あかねっ娘
まろやかな甘い香り、食感はトロみがあり、緻密でジューシー。
口の中で甘い香りが広がってから、甘さを感じる美味しいいちごです。
酸みはほとんど感じない、
後味は、さっぱりした甘さで、いつまでも、いちごの甘い香りが残っている。
特徴と言われたら、香りの良いところ。
とびぬけて香りがよく、まあまあ甘いいちご。と言うところか・・・。
美味しいいちごだけれど、物足りない。酸みが無いから?

今回の試食データ: 13粒/pac 一粒のデータ(平均):高さ4.3cm 直径4.1cm 重さ24g
         316g/pac         大きいもの:高さ4cm 直径4.7cm 重さ33g
         購入場所 京都府のスーパー ¥580

感想:ももいちご
まず、入れ物から違う。紙でできたパックで、クッション用に5mmほどのスポンジが敷いてある。
現に輸送上の問題である「いちごの押され」は、ほとんど無く、スポンジの切れ目と、上からの
セロファンとの間で、少しあった程度。
まるく甘い香りで、果肉はしっかりしている。
口に入れると、肉質は緻密、果汁が口の中、いっぱいになるほどジューシー。
「かたい」という印象はなく、しっかりした重みのある柔らかさ。
甘くて香りがよいいちご。食べた後も、ほんのりとした香りの余韻を楽しめる。
1晩たっても、ももいちごの香りが部屋の中で感じられた。
出だし、中ごろ、終盤と何回か食べて甘みの変化をみたい苺ですが、先立つものが・・・・。   

今回の試食データ: 13粒/pac 一粒のデータ(平均):高さ4.2cm 直径4cm 重さ25g
          購入場所 大阪天王寺のスーパー ¥1050

感想:ももいちご
12月6日に試食。さすがに「ももいちご」ですね。香りが豊か!
帰りの電車の中でも、袋から苺の香りが出てくるのがわかります。
外見上は、すこし色づきが悪く、まだ白いところもありました。これは、出始めでなので仕方ないかな。
食べてみると、緻密な肉質、ねっとりした口当たりと、口のなかに充満する香り!
トロっとした果肉に、あふれ出る果汁。満足できる味です。
ただ、甘みが全盛期より少し無いように感じました。
それでも、他の苺に比べたら、甘さは十分すぎるほどありますよ(^^;
まだまだ、糖度は上がってきそうです。これからが楽しみ!

今回の試食データ: 13粒/pac 購入場所 大阪天王寺のスーパー ¥999

もどる