ひのしずく

産地:熊本県
正式名称:熊研い548(くまけんいごよんはち)
語源:「熊本=水がきれい」
というイメージと,みずみずしいいちごのイメージがあわされています。

入荷時期:12月上旬~3月下旬

交配:(さちのか×栃の峰)×(久留米54号×栃の峰)
熊本県農業研究センターで「98-30」(さちのか×栃の峰)を母、
「98-20-3」(久留米54号×栃の峰)を父として交配、選抜、育成し2006年3月9日に品種登録
原産:熊本県農業研究センター農産園芸研究所 登録番号(第13882号)
熊本県農業研究センターHPより
農林水産省「品種登録情報」より
特徴&前評判:
平均果実が「とよのか」より大きい。
光沢があり、色着きがよく、色ムラも少ない。
果肉は白から鮮紅色になる。
糖度は「とよのか」より甘さが強く、酸が低く非常にジューシーで香りがあり食味良好。
甘い口当たりでありながらイチゴらしい濃厚さもあり 非常に美味しい品種
形:円錐形  色:果皮 鮮紅色

感想:輸送に耐えるほどの果皮は締まっていて硬く、形が綺麗な円錐で赤く熟れたいちごです。
皮はしっかりしているが、軟らかくすっと歯が入り、果汁が出てくる。
芯の部分にザクッと歯ごたえがあるが、ほとんど気にならなかった。
舌でつぶれるほど軟らかく、いちごの香りと甘みを感じながら、のどの奥へ流れていく。
香りは口の中にのこり、微かな酸味が舌の上でおどっている。
気軽にパクパク食べれるいちごですね。
味的には最近のいちごにみられる、酸味の少ないいちごです。
特徴としては、ジューシーないちご。

昨年食べた時の原稿をなくしていまい、一年間感想が空いていましたが、今回記入することが出来ました。

今回の試食データ: 20粒/pac 330g/pac
      購入場所 京都府のスーパー