かなみひめ

産地:静岡県、その他

入荷時期:12月中旬~5月下旬

交配:とちおとめ×章姫の自然交雑種子から選抜育成
静岡県の金指信夫氏のほ場で、「とちおとめ」と「章姫」の混植ほ場で栽培していた
「とちおとめ」から自然交雑種子をとり、選抜、育成し、平成13年に育成完了。
原産:金指信夫氏  登録番号 第12570号
農林水産省「品種登録情報」より
特徴&前評判:
果実は長円錐形で大粒で鮮紅色。光沢は中、果肉の色は淡紅色。
果実はやや硬く、香りも中くらいの一季成りの品種
果肉が詰まっていて、果汁が多い。
後口さっぱりのさわやかな甘さ。
形:長円錐形   色:果皮 鮮紅色

感想:常吉いちご園さんへ、見学に行ったときに試食
いちご狩りのあとに、サービスでストロベリーティーといっしょにいただきました。
完熟いちごですが、大粒で、果皮もしっかりしていて、香りもいいです。
食べてみた感想は、味の中心にものすごい甘さの柱があります。
味の基本に甘味がしっかりあり、その周りを、ち密な歯ごたえや、果汁の多さや香りがとりまくような感覚になります。
前日、糖度を調べたら、19度あったそうで、記録的な甘さだそうです。
市販のいちごが13度で甘いと感じるので、そうとうな甘さですね。
この甘さは農園の栽培方法にも秘密がありそうです。
是非、現地で食べていただきたい苺です。

今回の試食データ: 試食場所 常吉いちご園

感想:香りは濃い甘い香り
果皮はコツコツとしっかりしている。
少しベタつくのは糖度が高いからか?
手にすると果実に弾力を感じる。
食べてみると、少しトロんとした食感だが、果汁があふれ出して、口の中いっぱいになる。
甘酸っぱさを感じ、香りも苺らしい香りがある。
それが果汁とともに喉の奥に流れていく。
あと味は、きっちりと苺が口の中に残る。
甘さよりも水分の多い苺ですね。ただ、果皮近くの糖度は高そうに思います。
以前、食べた時のような強烈な甘さがなく、少し残念な気もしますが
5月ということを考えれば、納得でしょうか?
    

今回の試食データ: 11粒/pac 一粒データ(平均):高さ5.0cm 直径4.5cm 重さ40g
        322g/pac      大きなもの:高さ5.8cm 直径4.8cm 重さ50gあった。
          購入場所 通信販売

もどる