けんたろう

産地:北海道
語源:厳しい北海道農業を元気づくように、珍しい男の子をイメージした名前

入荷時期:5月上旬~6月下旬

交配:きたえくぼ×とよのか
きたえくぼ×とよのかを交配して1993年より育成、1999年育成完了
2004年に農林登録
原産:北海道立道南農業試験場 登録番号(第12061号)
農林水産省「品種登録情報」より
特徴&前評判:
果皮の色は鮮紅色で光沢は良い。
果肉色は橙赤色、果心の色は白色、カット面の模様は綺麗にでている。果心の空洞は少ない。
果形は円錘形で、大型の果実。果実の硬さはやや硬く、果実の香りは中くらい。
酸度は中くらいで日持ちは長い。
うどんこ病にかなり強く、萎黄病、萎ちょう病にも強い。
形:円錘形で大型   色:果皮 鮮紅色

感想:香りの第一印象は、冷えているからか「さわやかな香り」を感じた。
その後、いちごフレーバーな香りで、かすかにミルキーな香りがする。
果皮はしっかりしている。一口食べると、果汁が口の中いっぱいになり(かなりジューシー)
しっとりと緻密で食感は非常に良い。

甘みも酸みもそれほど感じず、別の果物のような感覚だった(甘みのない出だしの桃のような感じ)
しかし、最後にさわやかな甘みが現れ、種が歯にあたるころ 苺らしい味にかわった。

・・・うん、おいしいいちごです。もう少し味がハッキリしていたら、私ごのみの苺だったと思います。

ヘタの部分と先の部分では糖度が、かなり違うような感じ。
全体的にも糖度は低めだろう。

配送方法・・・宅配便扱いで発泡スチロールのBOXにクッション材で保護され、クール便で届いた。
     いちごの傷みも一般に出回っている苺と、さほど変わらなかった。

北海道から輸送に2日間かかっていることなどを考えると、多少早めに収穫されたので甘さが今ひとつだったのかもしれない。痛み具合(輸送性)や味を考えると一般流通している苺と互角だが特に特徴的な所がなく輸送コスト面などを考えると全国展開は・・・劣勢かな。

完熟をその場で食べれたら、十分な甘さが得られる苺なのだろう。
北海道内流通やいちご狩りには向いているかも
    

今回の試食データ: 1箱/433g 15コ入り  一粒平均 高さ4.3cm 幅4.2cm 重さ28g
                   最大のもの 高さ4.2cm 幅4.5cm 重さ31g
        購入場所 北海道 送料込み¥2980(代引き)

もどる