こいのか

産地:長崎県、大分県
語源:甘い恋の香り

入荷時期:11月中旬~4月下旬

交配:さちのか×とちおとめ
農研機構九州沖縄農業研究センターが「さちのか」×「とちおとめ」を交配
原産:農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
出願番号 第22852号
農林水産省「品種登録情報」より
特徴&前評判:
果実は円錐形から長円錐形で「さちのか」と同程度以上の大きさ。
果皮は赤色で光沢がある。果肉の色は淡橙色から淡赤色。
果実はやや硬く、日持ち性にすぐれている
糖度が高く、甘さと酸味がバランスよく、食味は良好。
11月から収穫が可能で、長崎と大分で共同研究され、両県の促成栽培の拡大が期待される。
農研機構プレスリリースより
形:円錐形から長円錐形   色:果皮 赤色

感想:張りのあるしっかりした果皮
果肉は先の方がねっとりしている。ヘタの方は柔らかく果汁があふれる。
ほんのりとした甘みと果汁が口に広がり、のどの奥に流れていっても、いちごの甘酸っぱさと香りが口の中に余韻として残っている。
週に何度かのテスト出荷されているのを、馴染みの八百屋に探してもらいました。ありがとう!(^^) 
1回に40パック(10ケース)ほどの出荷しかないところを 1ケース購入。
今回の大きさはMサイズで、スイーツのデコレート用に最適なサイズ。
酸味が少し強いが、これは小さいサイズだからだと思う。
Lサイズ以上の「こいのか」だと酸味がもう少し抑えられると思う。
味は、ぼやけずしっかりしているし、形も綺麗なので、スイーツの食材としても良いかも(^^)
   
今回の試食データ: 27粒/pac 一粒データ(平均):高さ3.9cm 直径3cm 重さ12g
             312g/pac      
           購入場所 八百屋さん 

もどる