のうひめ

産地:岐阜県
別名:岐阜1号
語源:色と味が濃いことから、岐阜ゆかりの武将「斉藤道三」の娘「濃姫」(後の織田信長の正室)にちなんで命名。

入荷時期:12月上旬~2月下旬

交配:アイベリー×女峰
岐阜県でアイベリー×女峰を交配、育成し1998年に品種登録
原産:岐阜県農業総合研究センター 登録番号(第6207号)
農林水産省「品種登録情報」より
特徴&前評判:
やや円錐で光沢がある。種は黄色、糖度は高く、酸度は中位、糖酸比(糖度/酸度)は高い。豊の香と比べると香りが高く平均果重16gと大きく、両者の特徴である大果で食味のよい品種。
果皮の色が鮮赤、果肉色は淡紅、果形が円錘で果実の大きさがかなり大きく、光沢が良く、香りもかなり多い。
果実の硬さはやや軟らかく、日持ちはやや長い、輸送性は中である。
形:長円錐形   色:果皮 鮮赤色

感想:箱を開けると、甘い香りが広がりました。かなり強いですね。
そして、大きい!なんだ!この大きさは!?小さめの卵ほどあるぞ!
果皮はしっかりはしているけど、硬いということはない。
食べてみると、甘いです!強烈に!そして酸みもあります。
甘み、酸み、香りが一緒にきます。これが「いちご」だよね。三位一体!美味しいです。

香りは、さわやかな甘い香り、肉質はジューシーで、すこし軟らかめ。
食感は、口に残るのではなく、しっとりと歯ごたえを楽しみながら、なくなっていくという感じ。
食べた後、口の中には、苺らしい甘酸っぱさが残り、いちごを食べているという充実感に浸れます。
宅配の関係上、少し「押され」は、ありましたけど、これは食べてみる価値アリの苺ですね!
5~6こ食べたら、お腹いっぱいになっちゃいました。

関西方面でも一般的に流通してくれないかな、人気でると思うんだけどなぁ・・・。
岐阜県すごい!!

今回の試食データ: 18粒/箱 一粒データ(平均):高さ6.7cm 直径4.5cm 重さ42g
    750g/箱      大きなもの:高さ7.5cm   重さ45gもあった。
    購入場所 岐阜県中央卸売市場内 ¥2250(送料込み)