れいこう

産地:青森県、北海道、福島県、宮崎県 など

入荷時期:1月下旬~6月中旬

交配:福羽×春の香
千葉県農業試験場が福羽×春の香を交配した中より選抜、S51年に命名。
S53年11月農産種苗法登録
(※現在では「麗紅(れいこう)」という名前で柑橘が品種登録されています)
原産:千葉県農業試験場(現千葉県農業総合研究センター) 
千葉県農業総合研究センターHPより
特徴&前評判:
果実は円錐形で大粒で鮮紅色。光沢がきれいで独特の芳香がある。
大粒で甘み、酸味も強いしっかりした味の品種。
当時の他品種より、収量が多く、大粒で糖度の高い品種であった。
果皮色は鮮赤で、光沢が極めて強い。
果肉は硬く、日持ちして輸送に強い。
収穫量が多いが開花が遅く、成熟も遅い。
1~6月ころまで出回るが、現在は他の品種におされ、ほとんど出回っていない。
形:円錐形   色:果皮 鮮赤色

感想:発送用トレイではなく、通常のパックで送られてきました。
やはり、オサレはひどく、下段は全滅状態(–;
到着に2日、予想はしていたので、それほどショックはありません(^^;
良さそうなところを選んで、撮影と試食を行いました。

香りは弱めだが、さっぱりした苺の香りがする。
果皮は硬くしっかりしている。
食べると適度な歯ごたえとともに、果汁があふれ出す。
飛びぬけた甘みや香りはないが、終始、口の中に広がる、さっぱりとした ほのかな酸味が特徴的でした。
「なるほどねっ」ていう味。最近の苺のような、味のメリハリ感がないのが残念。

のこった苺は、夏場のスムージー用に冷凍しました。
暑いときに、冷たい苺!! おぉ!今から楽しみです。

今回、一つ驚いたのは、むかしの苺っぽいといえばいいのか、最近の苺では感じられないフレバー。
舌で感じる苺の香りというか、感覚というのか・・・。
ホントに微量なんですが、食べた時に感じるフレバーが、もろ市販のお菓子のフレバーだったんです。
すこし懐かしさも感じる、お菓子ではポピュラーなフレバー。
   
お菓子の香料もこの時代の苺を知っている人には、まんざらウソではないのかな(^^)
でも最近の苺になれている人たちからは、どうなのかな?
ある情報では、最近の品種の香料も出来ているとか・・・。違和感の無くなる日も近いのか!?

今回の試食データ: 購入場所 通信販売