サンチーゴ

産地:三重県
語源:三重の三(さん)、太陽のsun(さん)に、いちごの「ちご」(ちーご)を合成
三重の小学生が命名

入荷時期:12月下旬~4月下旬

交配:とよのか×(アイベリー×宝交早生)
アイベリーと宝交早生の交配にとよのかを交配して育成。2002年に農林登録
原産:三重県科学技術振興センター農業研究部   登録番号 第10373号
農林水産省「品種登録情報」より
特徴&前評判:
さっぱりした甘みがあり食味が良い。糖酸比が14.3と高い
色つき、つや、見た目も良好で日持ち性がある。
ビタミンCが他の品種にくらべ、2~3割程度多く含まれる。
「女峰」より果実が大きく粒ぞろいで多収。「炭そ病」に強い
果皮は明赤色、果形は円錘、果実は大きく、果肉色は淡紅色、果心の色は白色。
果実の光沢は良く、果肉は硬い。
形:円錐形   色:果皮 明赤   果肉 淡紅

感想:甘い香りが強く、濃厚な味を連想させます。卵ほどの大きさがあり、存在感がある。
果皮は硬くしまっていて、食べると少しねっとりした歯ごたえで、果汁があふれでる。
一口目は、いちごの香りと甘さが、ねっとりした食感とともに、口の中に広がる。この甘さは驚き!
二口目は、甘さを残したまま、ジューシーさと香りを感じる。鼻にぬける香りは甘さを引き立てている。
三口目は、果汁と程よい酸味で、口の中がすっきりするが、香りは口の中にとどまっています。
いつまでもサンチーゴの余韻に浸れます。いくつでも食べたくなる味ですね。
   
「大きい」「甘い」「香りがいい」 こんな感じのいちごです。

一年間、探し回って恋焦がれた「サンチーゴ」。味はお世辞抜きの甘さと味わい。
私の期待度というポイントを加えなくても、完璧に近い合格点。ぜひ機会があれば食べてもらいたい一品です。
もし、いちご売り場で「サンチーゴ」を見つけたら、迷わず「買い」です!!
一粒食べれば、いちごの奥深さが判るでしょう(こんな甘さがあったのか!)
サンチーゴファンが増えているそうで、出荷しても直ぐ完売してしまうそうです。 私もサンチーゴファン!!
三重県内でも一部にしか出回っておらず、探すのが大変でしょうが、苦労して探し出したときの喜びは想像以上です。
   (管理人=体験者)
   
今回、サンチーゴ筆頭育成者の森さんとお話する機会がありました。
私は大満足のサンチーゴですが、まだまだ改良の余地ありと、栽培方法の改良など、試行錯誤されている様子でした。
飽くなき探究心。見習わなければ!

サンチーゴの味わい。以前、「さちのか」でも、良く似た感覚がありました。
少し調べてみたら、育成するときの交配品種に「とよのか」と「アイベリー」というキーワードが出てきました。
これらの品種に味わいのヒントが隠れているかも・・・。
アイベリーは、まだ食べてないなぁ・・・近場で探してみよう。
そう言えば、奈良の桜井に栽培いている所があるらしい・・・今週末でも探してみるか!?

今回の試食データ: 9~13粒/pac 一粒のデータ(平均):高さ5.2cm 直径3.9cm 重さ32g
        大きな粒  高さ5.7cm 直径4.3cm 重さ39g
        取得場所 三重県いちご農家さん